原因疾患からみた重度痙縮

重度痙縮の原因となる疾患の概要(原因、症状、病態、患者数など)、疾患ごとの重度痙縮の発生頻度・時期、治療の目的とゴール、治療法などを解説しています。

現在このページは準備中です。

脊髄由来疾患を中心に
疾患:脊髄損傷、脊髄血管障害、頸部脊椎症、HAMなど
監修:京都府立医科大学附属病院 整形外科   池田巧先生
   (現 京都第一赤十字病院 リハビリテーション科)

成人の脳由来疾患を中心に
疾患:脳卒中、成人脳性麻痺、成人頭部外傷、二次性ジストニアなど
監修:近畿大学医学部 脳神経外科   内山卓也先生

小児の脳由来疾患を中心に
疾患:小児脳性麻痺(ジストニア・アテトーゼ型含む)、小児頭部外傷、脳症など
監修:国立成育医療研究センター 神経内科   久保田雅也先生

変性疾患を中心に
疾患:脊髄小脳変性症、遺伝性痙性対麻痺、多発性硬化症、ALSなど
監修:東京医科歯科大学 神経内科   石橋哲先生/水澤英洋先生*

   (*現 国立精神・神経医療研究センター)

  • 原因疾患からみた重度痙縮
  • 脊髄由来疾患を中心に
  • 成人の脳由来疾患を中心に
  • 小児の脳由来疾患を中心に
  • 変性疾患を中心に